守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」

専門家は知っている、腰痛と椎間板ヘルニアの関連性?

椎間板ヘルニア

皆さん「椎間板ヘルニア」って1度は耳にしたことありますよね?
腰痛で整形外科に行きレントゲンやMRI検査の後で、お医者さんから腰痛の原因は「椎間板ヘルニア」ですね。と言う診断をされた話もよく聞きます。

確かにMRIの画像を見ると、「ぽこっと」何かが出ているからこれのことかな?
なんて思っているとお医者さんから、「では手術しましょう」とか「痛みが治らなければ手術も考えておいてくださいね」と言われ話はどんどん一方的に手術の方向へ…。

あなたは、手術したくないですよね?
(場合によっても手術が必要な場合もありますが)

椎間板ヘルニアは手術しないと治らないと思ってませんか?

整形外科受診あるあると言ってもいい鉄板ネタです。
腰痛で椎間板ヘルニアがあったら手術しなければならない。
「えっ?」それって当たり前じゃないの?
テレビでもよく言っているしそう思っているあなた、ちょっとここから先を読み進めてみてください。

椎間板ヘルニアは簡単に言うと腰椎椎間板の中身が飛び出してしまっている状態です。
飛び出した中身が神経を圧迫して炎症が起こることによって、ヘルニア独特の痺れが出てきます。

整形外科のことを悪く言うわけでは無いです。
お医者さんは椎間板ヘルニアが見つかると手術をしなければならないといいます。が、この行為がどうなのか?と疑問があると言うことがテレビでやってました。日曜日の朝にやっている某健康番組です。

実は手術が必要なのは、ほんの数%です。

その健康番組でやってたのがどんな内容だったかと言うと…。
腰痛の原因とされる椎間板ヘルニア。
街の人に聞いてみても半分の人がひどければ手術は仕方ないと考えいる。
でも、これが国民的大誤算です。!

椎間板ヘルニア手術をしても痛みが消えない人やヘルニアがはっきり画像で写っているのに全く症状がない人が見つかった‼ 。
なのでヘルニアが出ているから腰痛になるのが当てはまらなくなっていると言うことでした。

ただし、本当に手術が必要な椎間板ヘルニアもあります。排尿障害やしびれ、麻痺症状がひどい場合は手術が必要です。
ただ皆さんが思っているほどの手術が必要な例は少ないと言うことです。
ではどうやってヘルニアが手術以外で治るのか。

それはまた次回お話しします。

守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」 PAGETOP