守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」

みんなが知らない、腰痛と椎間板ヘルニアの関連性②

椎間板ヘルニアブログ

手術しなくても椎間板ヘルニアは治るの?
単刀直入に申し上げて、答えは「イエス」治ります。

もちろん手術が必要な場合もありますが、ほとんどの椎間板ヘルニアと言う状態は時間が経てば自然と消えてくれます。
そもそもヘルニア状態とは、痛みが出てようが出てなかろうが椎間板の中身が飛び出してしまっている状態のことをいいます。

ちなみにこの椎間板から飛び出た中身は髄核といいます。
この髄核の成分はほとんどが水分とコラーゲンでできています。
飛び出した髄核は時間が経つと水分が抜けてしぼんで小さくなっていきます。
水分が抜けた髄核の残りカスは体の免疫細胞でもある「マクロファージ」が異物として判断してきれいに掃除をしてくれます。

この体の作用により、椎間板から飛び出した髄核はきれいになくなり、元の状態に戻ると言うわけです。
髄核が神経を圧迫して炎症が起こっていた場合は、そこが解放され炎症が徐々に収まり症状が回復していきます。

本来であればこれで椎間板ヘルニアは解決なんです。が痛みやしびれといった症状が残ってしまう
こともあります。
これは一体どういうことなのでしょうか?

ヘルニア治っているのに、症状が残っているのはなんで?
お医者さんから、ヘルニアは「ほぼ引いているね」と言われたけど痛みが残っている。
椎間板ヘルニアを患われた方にはあるあるで、訴える症状が多いはずです。

ヘルニアは治っているのにどうして痛いんだろう…と考えてしまいますよね。
その痛み、もしかしたら身体バランスの悪さが影響しているかもしれませんよ?
身体バランスが悪くなる要因で最も大きいのは、ヘルニア症状があるときにそれをかばって生活していたので他のところに負荷がかかってしまい、腰痛症が残ってしまっていると言うことが考えられます。

ヘルニアが治っても腰痛になる方はそういう理由がほとんどです。
この辺は個々の生活スタイルが大きく影響してくるので、人それぞれ原因は違います。
食事、睡眠、運動、仕事…生きているといろんな負荷が筋肉や骨格に関わってきます。
人それぞれ生活スタイルが違うので、どの筋肉、骨格に大きな負荷がかかってくるかも違ってきます。

普段から体のケアは何をしていますか?
ちゃんと使った筋肉を休ませてあげられてますか?
セルフケアはできてますか?
これやってるのとやってないのででは大きく差が出てくるんですよ。
体には負荷が常にかかっていますから、上手に自分の身体と向き合う方法は、またどこかでお話ししますね。

守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」 PAGETOP