守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」

慢性腰痛専門ケアと生活習慣の合わせ技!

腰痛ブログ

慢性腰痛専門整体・鍼灸施術によって身体のスイッチを切り替える!

先ず、「慢性腰痛専門整体・鍼灸」って具体的に何してくれるの?という疑問にお答えして参ります。

慢性腰痛症状を中心にその症状に至った経緯・腰痛症状の程度・症状の経過を踏まえ全身のバランスを診て、崩れている部位を順番に整えていきます。その結果、長年抱えていた慢性腰痛症状が回復、緩和して参ります。

なので、慢性腰痛に限らず、【脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア】などの整形外科疾患や【生理痛・PMS】などの婦人科疾患、消化器系の疾患にも対応出来ます。

その中でも難治性の疾患には、東洋医学と融和させて、より全身的バランス調整を図り根治へ導いております。

この「慢性腰痛専門整体・鍼灸施術」は長年抱えている疼痛性疾患に対して、治癒方向への調整力を発揮し、疼痛の緩和・消失を期待できるっといって過言ではありません。

 

「慢性腰痛専門ケア」との合わせ技で一本!

「慢性腰痛専門整体・鍼灸施術を受けたら、それだけで健康管理はバッチリだ!」っと言われる方もおられるかも知れません。あなたは、どう思われますか?

もちろん、歪んだ身体・乱れたバランスを整える事は出来ます。

軽度の症状の方であれば、解決するでしょう。

しかし、長年患っておられる症状には【歪む生活動作】【乱れる生活環境】が多かれ少なかれ存在します。それらが改善すれば、バランスも崩れることない状態になります。

いい状態になる為には、正しい生活習慣というのが大切になります。

その点について、独自の視点からお伝えして参ります。結果的に、本当の幸せ・健康を手に入れ、その状態を持続させる事が出来るのです。

 

生活習慣の合わせ技って何?

腰痛ブログ

健康四正道へ

苦痛からの脱却・健康維持には、どうしたら良いのでしょうか?

何をすれば良いのでしょうか?

ここでは、「健康四正道」の考えである健康になるための四つの道についてお伝えします。

「健康四正道」=「食・動・息・意」を正しましょう。っと言うことです。

「食」は正しい食事、「動」は正しい運動、「息」は正しい呼吸法、「意」は正しい心の持ち方です。

ストレスマネジメントを調整遂行して参りましょう。

 

「食」について

腰痛母ログ

①あふれくる食情報に右往左往!

現在の日本は、ありとあらゆる食べ物で溢れかえっています。テレビ番組では、○○に効く食べ物!○○病の食事!ダイエットには△△など食べ物の情報は氾濫しております。

これが良い!と言ったんブームになると、アッという間にスーパーや商店では売り切れが続出します。食べ物情報には真偽を問われる間もなく広がっていきます。それが、本当に正しいのか分かりません。

では、本当に正しい食事とは何でしょうか?

答えは至ってシンプルです。

先ず、食べ物を食べるには、どうされますか?

口の中に食べ物を入れますよね。では、口の中にたずねてみましょう!

②与えられた天の配分!

人は食べるときに、【そしゃく】を口の中で行います。その主役は【歯】です。

歯には、大きく3種類あります。【臼歯】と呼ばれる俗に言う奥歯の部分、これが20本あります。

【門歯】と呼ばれる俗に言う前歯の部分、これが8本あります。

そして、【犬歯】と呼ばれる俗に言う糸きり歯の部分が、4本あります。

 

偶然でなく、必然的に存在してます。【臼】は何をするもの?そうです、穀類すり潰し、細断する働きです。

【門】は何をするもの?門の形から想像してください。そうです、草食動物と同じ形なんです。草を噛み切る為に存在しております。

最後に【犬】は何をするもの?そうです、肉食動物と同じ形です。肉を引き裂く、喰いちぎる働きがあります。

 

よって、【歯】の働きは、穀物を食べる・菜食をする・肉を食する。この3つに大別されます。

合は穀5:菜2:肉1の割合で食事をとる事を表していますこの配分が人間に与えられいる食における天の配分です。これが、私達の正しい食事のあり方なのです。

 

現代栄養学ではカロリーや栄養素を伝えており、それも大切ですが何か抜けているように感じております。【生きる】本質的な所は、天の配分が関わっている事を述べておきます。

③身土不ニって、何?

本来の人類に適した食事は、人類が素手で捕えられるものです。=摂取できるものです。

今や、飽食の時代で、何でも食材として手に入ります。色々なものを食べることが出来ます。

文明、文化の発展によって手に入れるようになりました。それを毎日食べてたら、どうなりますか?

東洋医学では【身土不ニ】っという言葉があります。その土地でとれたもの、その季節にとれたものを食べましょうっと言うことです。

もう一言付け加えると、食べ物には性質があります。身体を冷やす作用がある食べ物と温める作用がある食べ物や、血液を濃くする作用や血液をサラサラにする食べ物があります。これも身土不ニに含まれます。

好きなものを好きなだけ食べ続けると、結果は?

当然バランスが大事ですし、食べ物の性質を考えながら摂る事も大切です。

④食べ物の陰陽って、何?

陰性の食べ物は、身体を冷やす食べ物です。甘いもの、果物、果汁、なす、キュウリ、トマトなどの夏野菜等が代表的です。

逆に陽性の食べ物は身体を温める食べ物です。根菜類や粘り気のあるもの、ソバや黒ゴマが代表的です。

陰性の食べもは暑い地域で育ち、収穫されてます。よって、身体を冷やす作用が必要です。なので、暑い地域で身体を温める食べ物が収穫され食すると沸騰します!

逆に陰性の食べ物は寒い地域で育ち、収穫されています。以上のことからも身土不ニは、その土地の食べ物を摂る。自然の摂理に準じた考えです。

【食】は身体のバランスをとる上で、必要です正しい食事のあり方を実践して頂き、早期に苦痛からの解放と健康維持に努めて頂きたいと強く想っております。

 

「動」について

腰痛ブログ

①只今、運動戦国時代突入中!

「動」ですが、正しい運動についてお伝えします。

今はヨーガ・ピラティス・ジム・エアロビと様々な運動法が取りざたされております。軒並み、運動戦国時代と言う感じです。しかし、どれも長続きしませんね?なぜでしょうか?

それは、継続しずらいからの一言に尽きます。それだけ、日常生活に密着してないからでしょうね。

では、日常生活に密着し、長続きする運動は何か?

答えは、「歩く・関節を動かす・筋肉を動かす」の3要素です。とても、簡単でシンプルなんです。では、「歩く」について詳しくお伝えしていきましょう。

②正しい運動=歩くについて!

「歩く」ですが、人間は構造上、歩ける様に創られております。なので、「歩く」行為を5分からでもいいので始めてくださいね。

どんなに時間がない方でも、5分位は時間を割けるでしょう!?そして、慣れてくれば10分」・20分と伸ばしてくださいね。理想は40分間×2セットです。

次に、「関節を動かす」は、身体の至る所に関節が存在します。その関節に圧力を加え動かす事が非常に重要になります。それによって関節内の潤滑機能が維持されます。

現代日本社会は肉体労働が減り、関節潤滑機能が低下する傾向になります。当然、機能低下が生じると関節部の動きが悪くなり、痛みを呈します。

長年苦痛を抱えている痛みをお持ちの方は、特に「歩く」を意識し、関節を満遍なく動かしましょう。

最後に「筋肉を動かす」は、筋肉の機能を最大限に働かせ、滞っている血液・リンパ液をスムーズに押し流して循環機能を正常にしましょう。

筋肉の作用は収縮・弛緩です。分かりやすく言うと力入れる時と力抜く時です。俗に言う「ストレッチ」は筋肉を伸展させてますので、筋肉の作用ではありません。筋肉は伸ばされるとコリが生じますので、お気をつけてください。

運動前によく身体の一部を伸ばしている方達をよく見かけますが、「ストレッチ」は関節周囲の細胞に働きかける行為になります。よって、「ストレッチ」は運動後に効果的です。

運動前には、筋肉の収縮運動が必要になります。

これらの事を「継続は力なり」で、毎日続けることによってゴールである、健康維持が手に入ります。「食」に続き「動」も非常に大切な事柄なので、継続しましょうね。

 

「息」について

腰痛ブログ

①呼吸をする?空気は目には見えない!

人間は呼吸をしなくなると、当然死んでしまいます。生まれおちてから死ぬ瞬間まで呼吸し続けます。その呼吸が正しく行われていなかったら?

そうですよね、なんだかの形で身体に影響が出ます。

呼吸は、目に見えない空気をの出し入れです。酸素を取り込んで、二酸化炭素を吐き出しています。「目に見えない食事」をしてますね。なので、空気も身体創りの要因になります。

②正しい呼吸法って、どうするの?

呼吸法も色々な情報が溢れておりますが、難しく考えないで下さいね。

「丹田」で呼吸するのみです。要は「腹式呼吸」を行いましょう。これは、深い呼吸ををする意味でもあります。大気から生命のエネルギーを呼吸という動作によって、丹田のある生命エネルギーの中心まで届けることになります。

浅い呼吸になると先程のエネルギーが非効率に身体に分配されるため、腹式呼吸と胸式呼吸では差異が生じ、また身体に影響がでます。

③「出して」から「入れる」が正しい呼吸法!

腹式呼吸をするうえで、大切な事は呼吸の原点に戻るとやり易くなります。皆さんは呼吸を意識すると、必ず一生懸命「吸おう」としますよね。しかし、呼吸と言うのは、字のごとく「呼気=はいてから吸気=吸う」と言う事になります

私達が産み落とされた瞬間は肺は萎んでいます。そして、「オギャー」っと第一声をし空気を肺に取り入れるわけです。つまり、生まれた時は吐き切った状態でスタートします。当然終焉時も息を引き取る状態になります。

なので、呼吸を意識して行う場合は、「吐いて・吐いて・吐き切る」ことが重要です。吐いて空になれば必ず勝手に入ってくるように出来ております。

「奪おう・もらおう」とすると、得られず、「与えよう・与えきろう」とすると更に与えられる。この法則があります。ここが、呼吸の原点であり、ここは忘れないで下さいね。

無料ばかりに飛びつく人は注意ですよ!あなたは、大丈夫ですか?

 

「意」について

腰痛ぶろぐ

①病は気から!

つまり「心」についてお伝えして参ります。当然、肝の部分でとても重要です。

「病は気から」って聞いたことありますか?

病気は気力で克服するっと用いられていることが多いようですが、実は「病気は心の持ち方で起きている」っと言うことです。本当になるようにして患います。

病気の原因には、生活習慣病や生活癖、その他諸々が考えられます。しかし、自分が考えて来た結果があなたの自信であることなんです。つまり、病んで苦しんでいるのも、あなたが選択した結果なのです。

とても厳しい考え方ではありますが、事実、そうなのです。

あなたの心の中身、心の傾向が現在のあなたの身体を創っているのです。

②心の作用が、どう関係するの?

病気の原因は、現代医学では色々言われております。病原菌・ウィルス・天候などの環境・遺伝・等々様々です。しかし、同じように同じ生活スタイルで過ごした人は全て同じ病気を患いますか?

免疫力の差とも考えられますが、その差は何処から生じますか?食べ物・生活様式?

最近ではストレスの有無とも言われます。ストレスは免疫力にも大きく作用します。では、免疫力をあげる考え方とは、心の持ち方に希望・夢・積極性などのプラス思考があげられます。

その逆に、不安・恐怖・悲しみ・否定的は精神的マイナス思考であり、様々な身体の不調を訴えます。それが更にマイナス思考を増幅させて、悪循環の迷路に入っていきます。

あなたの思考はどっちでしょうか?どっちの心=考え方でいたいですか?

③正しい心で生きよう!

「病は気から」の本当の意味は分かってもらえましたでしょうか?

生まれつきの性格だから!っとつぶやいてませんか?

しかし、変われます。単純に心の癖なだけです。タバコ・お酒・おやつと一緒です。

真剣に考えた事もないし、他人からも言われる事もないのでね。しかし、心も変われます。

正しい心で生きるには、どうすればいいのか要点のみ言及しますね。大事なのは、「明るく、積極的に、そして優しく、人に親切に生きる」と言うことです。当たり前のことですよね!

しかし、この当たり前が出来ないのが人間なんです。

ですから、もう一点付け加えるとしたら「素直さ」です。素直に実行してみるんです。行動して間違ったと思ったら、反省する心を持てばいいんです。

そして、ここで気付いて欲しい事は「正気=元気」です。気を削除すると「正=元」です。

人間はもともと正しさを持っているんです。正しさで成り立っているですね。【心を磨いて】【人間を磨いて】を忘れないで参りましょう。

 

慢性腰痛専門ケアと健康四正道の考えで思い描く未来が・・・

腰痛ブログ

健康四正道についてお伝えして参りました、各自で実践して頂きたいと本気で思っております。

かつ、身体のバランスの崩れを慢性腰痛専門整体・鍼灸ケアで整えゆく、両輪が効を奏し健康維持に繋がります。その事が一番の近道です。

どうぞ、「治っちゃったんです」っと言える心・技・体を手に入れましょう。

守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」 PAGETOP