守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」

歩いているときの足の向き

猫背・姿勢改善

あなたは歩いているときの姿見たことありますか?

足が極端な外向きや内向きで歩く癖がないですか?

ご自身ではなくても、家族や街中でそのように歩いている光景を見たことがないですか?

小さい時からその様な足の向きで歩いてきた事に、あなたは、あの人は、なんであのような足の向きで歩いているのだろう? と疑問に思わなかったですか。

 

でも、そのことについて親もお医者さんも先生も注意や直し方を教えてくれませんでしたね。

その挙句に、もっとちゃんと歩きなさい!っと叱っている親まで普通にいます。

 

結果的に体の癖なのだから仕方がないこと、我慢するのか、気を付けるのか、と言った所ではないかと思います。実は、誰でも、足部の調整を行うことによって、歩く時の足の向きや膝の向きが同様に真直ぐ前に向けて歩くことができます。

 

遺伝生活習慣による骨格から歩き方は決まってしまいますがインソール(中敷き)によって、足首骨盤の位置や向きを調整することで正しい歩き方が可能となります

では、なぜ今まで多くのインソールが販売されているにも関わらず、姿勢や歩き方が改善されていないのでしょう。従来からの靴やインソールには構造的な問題があります。

そして、その構造をベースとして姿勢づくりの考え方、歩き方の考え方が生まれている為に、根本的な問題から綺麗な歩行に向けての解決とはならなかったのが現実です。

それが、姿勢や歩き方が改善できないこと、当たり前のように思われている実態です。

 

靴の中に足のフィット感を作るための余計な盛り上がりなどが無いこと、そして足の甲が自由に可動すること、足裏の肉ではなく、骨で自然に押し返すことができる靴やインソールが、姿勢を変えて、歩き方を変える為に必要なシューズです。

その為には、従来のインソールや靴の中底とは、根本的に違った足裏の支点となる骨の三点バランス保持によるインソール、B-TR(ビートレ)がなければできません。

骨盤位置を整えて、足元からの姿勢づくりには欠かせない理論をもった商品です。

 

そして、最後に歩き方です。スポーツメーカーやシューズメーカーが推奨している歩き方は、誤った構造の靴によって作られた歩き方であり、以前にも書いているように人間はつま先側から着地して歩くのが本来です。

つま先側から着地することで、足の機能がよみがえり、見違えるような姿勢や歩行スタイルが可能となります。

足元からしっかりと立てる体を作り、足に合った靴や三点バランス保持によるインソールを活用して、歩き方を変えるだけで、誰でも綺麗に歩くことが出来るようになります。

諦めるのではなく、自分も家族やお友達にも、本当の情報を伝えて欲しいと願っています。

守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」 PAGETOP