守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」

腰痛の原因を知っておきましょう

交通事故ブログ

お尻や足に響くような痛みがあります。

●腰の痛みと足の痛み、これで腰痛の原因がわかります。
● 足も痛みは、軽い痺れから鈍痛まで様々です。
● 長い時間、歩く事ができない人

は読み進めて頂きたいです。

 

足の痛みの原因は腰の神経にある

猫背姿勢ブログ
腰の痛みに襲われた時、それだけでもショックなのに、足に痛みや痺れがあると、不安が一層強
くなります。

腰痛のほかに、お尻や痺れ、麻痺があるかどうかは、腰痛の種類を見分ける時に重要です。

足の痛みや痺れ、筋力低下、知覚鈍麻(感覚が鈍くなる)などの症状は、腰部神経根症状と呼ばれ、
その足の痛みを「根性坐骨神経痛」と呼ばれます。

足の痛みは(専門的には下肢痛と言います)といっても、軽い痺れや鈍麻程度のものから、激痛のた
めに立つ事も出来ない重症のものまであります。

この痛みや痺れは、脊椎の末端部から出ている神経である馬尾神経や、脊椎神経から出て行く神
経の分かれ目にある神経の根っこが障害されたり、炎症を起こしたりしているからです。神経の
血流が悪くなった時にも起こります。

痛みや痺れは、その神経と繋がっている坐骨神経が支配しているお尻や足に起こります。腰痛に
加え、痺れたり、麻痺を起こし長時間歩けなくなったりという症状に襲われるのです。

 

年齢によって痛む場所が違う

腰痛ブログ

足の痛みは、坐骨神経に沿って現れます。坐骨神経は人体な中でも最も太くて長い神経で、脊椎
神経の下部と仙骨から出てます。足の運動や感覚を支配しています。

足の痛みは、その坐骨神経が支配している、お尻、太もも、ひざ、ひざから下のふくらはぎを通っ
て足先に現れます。

足の痛みや痺れがある時、それがどこに起きているのかを見れば、障害を起こしている神経根が
わかります。

若い人の場合は、前屈みになったり、痛む方の足をあげた時に痛むことが多く、椎間板ヘルニア
で見られるのが一般的です。

高齢者では、腰を反らしたり、歩くと足の痛みが悪化する事が多く、腰部脊柱管狭窄症や腰痛分
離すべり症によく見られます。

腰の痛みだけで、足に痛みはありません。

 

レントゲンでも異常が見つからない

腰痛ブログ
一般的によく見られる腰痛では、足の痺れはは見られません。たとえ強い痛みでも、その痛みが
腰だけに限られている時、たいていはレントゲン検査をしても異常がつかめないものが多いようで
す。

これは「腰痛症」と言われますが、病名というより、様々な原因によって怒る「症候群」と言わ
れる状態です。

仕事で長時間パソコンに向かっているとか、座りっぱなしで車を運転しているとか、中腰の姿勢
で家事や仕事をする事が多いといったことが誘因になります。ひとつだけではなく、いくつもの
誘因が重なり合って起こる事が多いです。

 

老化現象の場合もあります

腰痛ブログ
何なく物を持ち上げた瞬間に、強烈な痛みが腰に走る、いわゆる「ギックリ腰」にも、足の痛み
はありません。ギックリ腰というのは俗称で診断名としては「急性腰痛症」です。魔女の一撃と
言われますが、痛みの割には恐る必要のない腰痛です。靭帯や背骨の関節、筋肉、椎間板などに
起こった小さな損傷が痛みの原因と考えられます。

老化によって脊椎を構成している椎骨や椎間関節にも変化が起きてきます。特に椎間関節、椎間
板は、内部の水分が減ってクッション機能が低下してきます。そこで、椎間板接している椎体(椎
骨の中主要な部分である円柱型の骨)の角の部分に刺激が加わり、トゲのような骨ので出っ張り(骨
棘) を作ってしまいます。

 

腰痛ブログ

この骨の出っ張りは、通常は老化によって不安定になった脊椎を支えるのに役立っていますが、
神経を刺激したり圧迫して痛みや痺れを起こす事もあります。これを「変形性脊椎症」と言います。

また、この痛みは強くはありませんが、度々繰り返して痛む、慢性的の腰痛、悪い姿勢や同じ姿
勢を続けたり、脊椎年齢とともに変形してくることによって起こります。

●はっきりした原因が、わからない事が多いです。
●ギックリ腰などのいわゆる腰痛には、足の痛みはありません。
●急性の痛みだけなら、怖い腰痛ではありません。日常生活に注意して、痛みを和らげるコツを。

 

身体を前に倒す事ができますか?

腰痛べログ
足に痛みがあるかないかと言うことは腰痛を見分ける上で、重要なポイントですが、もう一つ重
要なポイントがあります。

それは、身体を前にかがめると痛むのか、それともそり返す時に痛むのかという点です。足に痛
みがない腰痛の場合に、重要になってきます。

身体を前にかがめるといっそう痛くなる腰痛、腰痛があって前に曲げられないものを「前屈障害
型腰痛症」と言います。この腰痛は、長時間座っていたり、中腰の姿勢で前に身体を屈めた時に
起こります。

脊椎の中で腰の部分にある腰椎の椎間板や、椎骨をつなぐ靭帯、背筋に無理を与えた事が誘因と
なって起こります。

この腰痛は、その痛みの原因がなんであるのか、また痛みがどこからくるのかという事が、厳密
に区別出来なくても、心配する必要はありません。

そして、前に屈むと痛いこの腰痛の特徴は、腰を後ろにそらすと楽になる事です。これが、後ろに
そらすと痛む腰痛「後屈障害型腰痛症」との大きな違いです。

 

前屈み、中腰、立ちっぱなしの仕事の人

腰痛ブログ

腰痛で医療機関を訪れる人の半数近くは、この前屈障害型腰痛症です。若い人や働き盛りの人に
多く見られます。

長時間前屈みの姿勢(前屈姿勢)や中腰の姿勢で仕事をしている人に見られ、現代の職業病のような
印象があります。

デスクワーク、特に最近は、一日中パソコンに向かっている人が増えています。

農業従事者や、家庭の主婦、看護師や介護の仕事をしている人は中腰になる事が多いのです。

前屈姿勢ではありませんが、立ちっぱなしや重い荷物を運ぶ仕事をしている人も腰に強い負担が
かかります。

また、座りっぱなしのタクシードライバーやトラック運転手さんにもよく見られます。
こういう人がなりやすいのが、前屈障害型腰痛症です。痛くて腰を前に曲げれなかったりします。
曲げると痛みが増したりします。しかし、腰を後ろにそらしても痛みはありません。

lこの腰痛の多くは、姿勢や動作の注意、特に腰痛前弯を維持する事で良くなります。しかし、現
実には原因が仕事上の姿勢や動作がからんでいるため、日頃から注意が必要です。

 

腹筋運動は厳禁です

腰痛ブログ
前屈障害型腰痛症で、最も誤解されているのは、腹筋運動です。腰痛予防には、悪い姿勢を直すた
めに腹筋を鍛えた方がいいと言われ、そう認識されてますよね。身体を前に曲げる前屈運動が腰
痛体操に含まれています。

しかし、前屈障害型腰痛症には、前屈姿勢を 長時間続けたり、中腰の姿勢を続けたために起こる
事が多いのです。当然、前屈すると痛みが増します。

むしろ、腰を後ろに反らせる体操によって、腰痛の自然なカーブが維持できます。結果として、早
く治す事ができます。

むやみに腰を前屈させることは、絶対やめた方がいいのです。

 

日常生活で気をつけたい動作

腰痛ブログ

腕の力だけで、ものを持ち上げないようにしましょう。ひざを使って、しゃがみ込むように腰を
落として、ゆっくり持ち上げます。身体にものを近ずけて持ちましょう。

腰をひねったままで、前後に曲げないようにしましょう。

同じ姿勢を、たとえいい姿勢であっても、30分以上続けないようにしましょう。

 

壁押し体操

腰痛ブログ

 

壁押し体操をやってみましょう
少し動かせるようになってきたら、自分に合った腰痛体操を無理のない程度から始めましょう。

① 壁に向かって両足を前後に、大きく開いて立ちます。
②前のひざを曲げ、壁を押しながら、少しずつ腰を反らせていきます。
③急に腰をそらすと痛みの原因になります。壁を押す手の反動により受動的に、少しずつ腰をそら
すのがコツです。10回を目安に実践しましょう。

腰をいっぱい伸ばします

 

うつ伏せ体操

腰痛ブログ

①うつ伏せになり、お腹は床につけ、ひじを曲げて状態を反らします。
②背中に力を入れずに、ゆっくりとひじを伸ばして上半身を起こしていきます。
③身体を楽にさせたまま、数秒間腰を伸ばします。
④少しずつ腕を伸ばし、反り返りを大きくするように、腰がいっぱい伸びるまで行います。
⑤体操をしていて気持ちよければ続けてください。痛みが強くなる場合は中止してください

 

ネコ伸び体操

腰痛ブログ
①ネコになった気持ちで、ネコが伸びをするように、骨盤と背骨を軽く上下させます。10回程度。

 

軽いスクワット

腰痛ブログ

①部屋の隅に立って、両足を壁につけます。両足の角度は90度になります。広さは、肩幅です。
まっすぐ立って、両ひざを少し曲げます。
②背筋をまっすぐに伸ばしたまま、お尻を地面に向かって、10から30cmくらい落とします。
③お尻を落とした姿勢を10秒保ちます。10回を目安に行います。

守口市の整体なら「やなぎだ鍼灸整骨院」 PAGETOP